ひろめよう合掌

日蓮宗について
日蓮宗について
宗 旨
稱 (めいしょう) 日蓮宗 (にちれんしゅう)
宗祖(しゅうそ) 日蓮大聖人 (にちれんだいしょうにん)
開宗(かいしゅう) 建長5年4月28日 (西暦1253年・鎌倉時代)
本尊(ほんぞん) 久遠の本師釈迦牟尼佛 (くおんのほんししゃかむにぶつ)
題目(だいもく) 南無妙法蓮華経 (なむみょうほうれんげきょう)
教義(きょうぎ) 日蓮宗はお釈迦さまの説かれた最高の教えである法華経をよりどころとする宗団です。
この法華経を身をもって読まれ布教をせられた日蓮大聖人を宗祖と仰いでおります。
本宗の教義は法華経の魂をお題目にこめられた宗祖の教えに導かれて私たちが信行に励みこの教えを弘めることによってやがて世界平和と人類の幸福ひいては個人のしあわせにつながる事を確信できる教えであります。
教典(きょうてん) 妙法蓮華経 (みょうほうれんげきょう)法華経(ほけきょう)
日蓮宗の
概要

日蓮宗とは、鎌倉時代に出現され、動乱の末法の世のすべての人々を救い、この世界を平和な仏国土とするために、その生涯を捧げられた法華経の行者日蓮聖人の教えを信奉する教団であります。
日蓮聖人は、仏教の開祖釈尊が説かれた多くの経典のなかから、とくに妙法蓮華経(略して法華経という)を選び取られ、根本聖典とされました。

そして、法華経の教主釈尊を本師と仰がれ、自らは本師釈尊から法華経の弘通を委嘱された仏使であるとの自覚に立たれて、法華経の教えを実残されたのです。したがって釈尊と法華経と日蓮聖人とが、日蓮宗宗徒の帰依すべき仏・法・僧の三宝となるのであります。

このことを『日蓮宗宗憲の第一条(伝統)には、「日蓮宗は久遠実成本師釈迦牟尼仏から、その本懐である法華経を、末法に弘通することを付属された本化上行菩薩の応現、日蓮聖人が開創唱導した真実の仏法を開顕する仏教正統の宗団である」と述べています。