ひろめよう合掌

法蔵寺

法蔵寺

住 所

静岡県富士市中野635

TEL

0545-35-0095

URL

ホームページはこちら
  • 法蔵寺
  • 法蔵寺
  • 法蔵寺
  • 法蔵寺

妙富山法蔵寺は、元真言宗の法蔵院という名でありましたが、長禄二年(一四五八)五月、時の住職が法論に敗れ日蓮宗に改修、寺号も法蔵院から法蔵寺に改められたのを起源とします。
当時の住職、法蔵院日宜上人を開山とし、「富岳を妙法に従わせん」との願い、そして「妙法の教えにより大黒天からの富を授かる山」として「妙富山」名付けられ、総本山身延山久遠寺の末寺となりました。
以来、現在に至るまで四度の火災に遭うものの、当時の住職・檀信徒の力で現代まで護られ、現在の本堂は平成十四年に法蔵寺開創五百五十年を記念して再建されたものです。
平成二十五年に第四十四世の先代上人が遷化し、二年半ほど住職不在の時期がありましたが、お檀家さんの協力でお寺は護持され、平成二十八年十月より、第四十五世の住職を務めさせて戴いております。
境内には、本堂以外に守護神堂がありますが、最近では、この守護神堂裏手の地より葛飾北斎が富岳三十六景の一つ、「片倉茶園之不二」を描写した場所といわれ、昨今の葛飾北斎人気と共に注目されています。
また、この富嶽三十六景を使用した御朱印(御首題)も人気です。