ひろめよう合掌

活動内容 2012.10.03

車返し霊場お虫干し法要

 8月24日、静岡県裾野市宗門史跡「車返し霊場」にて毎年夏恒例
の「お虫干し法要」が開催された。
 車返し霊場とは、日蓮聖人身延ご入山のおりにご一泊なされ、また、
池上おいてご遷化後のご遺骨を身延に移送の途次、再びご安置申し
上げ場所の名前として知られ、平成四年より宗門から「史跡」に指定
された。
 この「史跡」の歴史的な場所に関しては別に伝承があるが、この場
所は「車返し」として地元の人たちに顕彰され続けて多くの世代を重ね
ている。
 この霊場の状況に関して特筆しなければならないことは、法華の檀
信徒によって維持されて来たのではなく、普段は他宗の人たちが日を
限り「一日法華」となってお題目を供養して来たところである。
 午前11時、静岡県中部宗務所長貫名英舜師を導師に、地元管内
一区寺院教師を式衆に、さらに、管内和党会(深澤恵修会長)有志の
参列のもと法要が始まった。
 式後、挨拶に立った貫名英舜所長は、「この史跡は地元のみなさん
の法華の信仰よってこれまで保たれて来ました。今までも、そしてこれ
からも、かわらずに信仰と伝統をお守り続けていただきたいと思いま
す」と語った。

IMGP2862.JPG

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ