ひろめよう合掌

活動内容 2012.06.15

平成24年度寺庭婦人会総会

寺庭婦人会(小西則子会長-清水区東漸寺内)は5月18日、静岡市
「あざれあ」において平成24年度の総会を開催した。当日は、管内の
67名が参加者した。  総会では会長の挨拶に続き、前年度の事業
報告、決算報告、続いて、平成24年度の事業計画と予算案が審議
され、全てが承認された。小西会長は、「寺庭婦人の役割は檀家や
地域の皆さまを元気にすること。常に元気な笑顔で皆さまに接して
いただきたい」と語った。
 記念講演では、大石亜矢子氏(盲目のピアノニスト-ソプラノ歌手)
をお招きし、ピアノ弾き語りをオリジナル曲を含め十数曲を披露。
大石さんは生まれつき視力がない方であるが、そのハンデを背負い
ながら、学生時代に音楽、声楽を学び、大学卒業後はプロのソプラノ
歌手としてピアノ弾き語りによる演奏活動を行っている。澄んだ美しい
歌声を披露し、参加者全員の心を癒し、その結果涙する人も多くいた。
 演奏の間にはご自分のこれまでの歴史や家族のこと、盲導犬
「セロシア」のこと、さらにはやはり全盲のご主人が日本で3人
しかいない弁護士の一人であることなど、明るく、とても楽しそうに
話された。参加した寺庭婦人は、この演奏を通じてたくさんの幸せ
な力をもらうことができ、非常に有意義な記念講演を鑑賞した。
IMG_1144.JPG

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ