ひろめよう合掌

活動内容 2016.09.15

教師大会並びに夏期講習会

8月31日、静岡県中部宗務所は静岡駅パルシェにて、教師大会並びに夏期講習会を行った。

午前中は日蓮宗常任布教師の大西秀樹上人(松林院住職)により『「いのちに合掌」をどう説くか』という講演を頂戴した。
大西上人は自身の宗門運動の体験談を軸に日本人に根付く「先祖供養」の精神を大切にして檀家さんと共に組織で動くことの重要性を説いた。

午後には日蓮宗過疎地域寺院活性化検討委員の立石隆教上人(報国寺住職)により『これからの寺院の方向性を考える』という講演を頂戴した。
立石上人は人口が減少している現在においてどの寺院にも過疎寺院と同じ問題が起こる可能性 があることを強調し、寺の活性化ではなく地域の活性化を考えることが肝要であると説いた。

両師ともに寺院だけの活動には限界があると語り、僧俗一体となった活動がこれからの布教に不可欠であると説いた。

20160731010207.jpeg

20160731010221.jpeg





Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ