ひろめよう合掌

活動内容 2017.02.27

静岡市池田本山本覚寺 晋山奉告式

静岡市池田本山本覚寺で昨年11月9日、第六〇世貫首となる渡邊日心師の晋山奉告式と開山治部阿闍梨日位上人第七〇〇遠忌法要、ならびに昨年1月11日に遷化された第五十九世明承院日孝上人(井田湛孝上人)の本葬儀が行われ、僧侶檀信徒約五百人が参加した。

渡邊貫首は昭和薬科大学薬学部薬学科を卒業、山之内製薬(現アステラス製薬)に七年間務めた。その後身延山高校で理科を教え、PTAの組織化や生徒会の発足、茶道部や手話部などの立ち上げなど、課外活動にも力をそそいだ。身延山学園協議員、理事を歴任し、平成20年には校長に就任し、学園の発展に尽力した経歴をもつ。

当日は式に先立ち、草鞋親法要と晋山行列が行われた。午前中に晋山式と開山上人七〇〇遠忌法要が営まれ、身延山高等学校雅楽部による奏楽が慶賀に華を添えた。

渡邊貫首は謝辞で「開かれた本山としてお参りしていただく機会を設け、親しみやすいお寺となるよう、鋭意努力していく所存です」と決意を語った。

午後より井田湛孝上人の本葬儀が、総本山身延山久遠寺内野日総法主猊下を大導師にしめやかに行われた。その後、市内のホテルで「偲ぶ会」が開かれ、約二百人の僧侶檀信徒が先代の遺徳をしのんだ。

H28.11.09本覚寺晋山式IMG_0179

H28.11.09本覚寺晋山式IMG_0350

H28.11.09本覚寺晋山式IMG_0809

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ