ひろめよう合掌

仏事の豆知識 2006.10.01

お仏壇のこと

仏壇は、私たちを守って下さってる仏さま、ご先祖さまをおまつりする家庭信行の大切なよりどころです。本家、分家、長男、次男に関係なく、各家庭におまつりいたしましょう。

 

 1、ご本尊 お仏壇には必ずご本尊(お曼荼羅)と日蓮聖人像をおまつりします。
 2、祖師像 日蓮聖人像。
 3、お位牌 お位牌は、ご本尊の両脇かその下の段におまつりします。
 4、過去帳 ご先祖の法号・俗名・ご命日を書き入れます。
 5、五具足 五具足は香炉・花一対・ローソク一対で5つになります。
 三具足は香炉・花・ローソクで3つになります。
 6、お供物 お茶・お水・仏飯を供えます。

 

信仰の第一歩は、毎日、お題目を唱えて、礼拝することです。
日蓮聖人は「人々を導き、救う功徳は自身に帰るという道理があるように、亡き人に供養することは、実は自身のためでもある」と教えられています。

自身の幸福を願うお勤めや供養ではなく、他のために供養すること、人々の幸福を願うことが、お勤めの心構えとして大切です。ご本尊とご先祖を敬う純粋な気持ちが何よりも大切なのです。
※お仏壇をご購入の際は、必ず菩提寺にご相談下さい。

 

20161013_butudan

 

 

 

Category

カテゴリー

Archive

アーカイブ